はかる研究 ■積雪・降雪センターの研究・開発

Snow removal and ICT system

除雪車運行支援 ICTシステムの研究開発

豪雪地域の課題をICTで解決

豪雪地域新潟の除雪作業は過酷で危険なものです。加えて少子高齢化による人材不足の悪影響も顕著になりつつあります。また、雪害を未然に防ぐための降積雪情報も十分とは言えません。当社はそれら課題をICTで支援、解決するべく、除雪作業支援や降積雪センサーネットワークの研究開発を、長岡技術科学大学と連携して行っています。ICTと「はかる技術」の融合で地域社会に貢献します。

リンク

▶タブレット端末を活用した除雪車運行支援ICTシステムの研究開発
http://snowcap.nagaokaut.ac.jp/
tablet/

▶降積雪センサーネットワーク実証実験
http://snowcap.nagaokaut.ac.jp/
snowmap/

http://snowcap.nagaokaut.ac.jp/
snowmap/h24/

メディア掲載

クリックで拡大します

2014/2/21 産業経済新聞

共同研究

▶長岡技術科学大学 山崎研究室
http://snowman.nagaokaut.ac.jp/

 
 

ホームへホームへ

お問い合わせ

ページの上へページの上へ