情報化施工

情報化施工

情報化施工とは、ICT技術を建設施工に適用して多様な情報の活用を図ることにより、施工の合理化をはかる生産システムです。

近年のICT技術の向上により建設分野の設計はほぼ全てCADにより行なわれていますが、実際に施工する段階では紙に印刷した図面を 用いて作業を行なうため、設計値とのすり合わせ調整は手作業で行わざるを得ませんでした。

情報化施工を採用することで、デジタルデータを用いたシームレスな施工が実現し高い生産性を上げることができます。

ここ新潟県内においても既に運用が始まっております。

弊社は、(株)トプコン様、西尾レントオール(株)様、(株)ニッパンレンタル様と協力し、情報化施工のお手伝いをさせていただいております。

グレーダーやアスファルトフィニッシャー等の高い仕上げ精度が要求される重機の制御を始め、ブルドーザー、ショベル、振動ローラー等に GNSS(米国GPSやロシアGLONASSなど衛星測位システムの総称)やMDTS(モータドライブトータルステーション)を利用したNETIS登録技術、 またCADソフトと連動したTS出来型や各種3Dデータ作成などの多様なラインナップにより、情報化施工をトータルでご支援いたします。

ハードオフエコスタジアム現場にて

▲ハードオフエコスタジアム現場にて

協力:丸運建設㈱様

 

ホームへホームへ

お問い合わせ

ページの上へページの上へ